Ambooks(アムブックス)は、装丁家・矢萩多聞のデザイン事務所です。また、「本と人をつなげる場所」をつくるべく、本にまつわるイベントの企画・運営、リトルプレスの企画・制作・販売、インドの出版社Tarabooksの本の輸入販売などを行っております。

各所で好評いただいてるAmbooksの少部数シリーズ、「ひとりみんぱく」松岡宏大、「Superマドゥライ」武田尋善、「インドしぐさ事典」矢萩多聞の普及版はWEBショップで注文いただけるほか、右の書店・お店で販売しております。

また、書店や雑貨店、カフェなどで販売したい方のために販売店さま向けご案内ページも用意しました。都道府県、1県につき1店舗のみで販売するという「ちいさくつくり、ちいさく売る」の実験をしています。ご賛同いただける方は申し込みフォームよりご連絡ください。

【京都】 恵文社一乗寺
【東京】 ポポタム
【尾道】 紙片
【名古屋】 ON READING
【神奈川】 Raya Sakuraya
【群馬】 インド食堂チャルカラ
【香川】 本屋ルヌガンガ
【徳島】 Philbooks
【福島】 Go Go Round This World ! Books&Cafe
【山梨】 春光堂書店+mountain bookcase
【福岡】 六本松蔦屋書店
【北海道】 アダノンキ

 

 

松岡宏大 『ひとりみんぱく』
文庫判並製/144p/カラー/1620円(税込)

注文する

わが家のみんぱくにようこそ
旅するライター&カメラマン松岡宏大が、世界の国ぐにで買い集めた工芸、民芸、雑貨、珍品迷品……。東京にある彼の家はいつしか「ひとり民俗博物館」と化し、独特の世界をつくりだしている。60点を超える品々を著者自らが撮り下ろした、ささやかで熱い図録集。


松岡宏大(まつおか・こうだい)
編集者&カメラマン。インド歴25年。『地球の歩き方』など、南アジアやアフリカを中心に辺境エリアのガイドブックの取材・編集に携わる。『arucoインド』の制作も担当。KAILAS名義で著作やイベントも行っており、近著に『持ち帰りたいインド』(誠文堂新光社)がある。縄文も好き。

武田尋善 『スーパルマドゥライ』
文庫判並製/72p/カラー/1620円(税込)

注文する

ありがとう、マドゥライ!
イラストレーターにして、インド料理ユニット「マサラワーラー」としても人気の武田尋善が、南インドの寺町マドゥライを歩いた、食べた、出会った! めくるめく南インド飯、寺めぐり、屋台、牛追い祭、手書きのホテル俯瞰図まで、町の熱気に駆り立てられ書き尽くした旅日記。


武田尋善(たけだ・ひろよし)
絵描きになるのに美大に行かずヒンディー語を学び、それなのに南インドばかり行き、あとからタミル語を勉強しなおした。回り道ばかりのアーティストであり、料理ユニット「マサラワーラー」の日本人顔のほうです。共著『南インドカルチャー見聞録』(阿佐ヶ谷書院)。
http://hiroyoshi-takeda.com

矢萩多聞 『インドしぐさ事典』
文庫判並製/72p/カラー/1620円(税込)

注文する

考えるな、首をふれ!
頭や首、手や唇、ときにはからだ全体をつかって、インド人はしゃべっている。インド人特有の首ふりはもちろん、彼らのしぐさのひとつひとつを、ふんだんな手書きカラーイラストとともに、愛おしくも紐解いていく。インド旅行必携のリアクション小辞典。


矢萩多聞(やはぎ・たもん)
画家・装丁家。1980年横浜生まれ。中学で学校をやめ、南インドと日本を半年ごとに往復し暮らし、ペン画の個展をひらく。2002年から本づくりの仕事に関わり、これまでに450冊を超える本をてがける。現在京都在住、ちいさな本づくりを実践中。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)がある。http://tamon.in