書店様へ

ambooksの本をお店であつかいたい方へ

「ambook文庫シリーズ」は、オンデマンド印刷を活用したリトルプレスです。

当初は著者やわたしたちが主催するイベントなどでの手売り、ネット販売のみを考えていましたが、
予想以上に反響が大きく、リアルな店舗でも販売したい/購入したい、という声が寄せられるようになりました。

2017年7月1日から、限定的ではありますが、書店や雑貨店、カフェなどを対象に、
書籍の卸販売をスタートすることにいたしました。

 

◎定価について

書店販売の場合、以下のような定価でお願いいたします。

「ひとりみんぱく」1840円(税込)
「スーパルマドゥライ」「インドしぐさ事典」1620円(税込)

これはイベントなどでの手売り販売の定価1620円より220円ほど高い設定ですが、ネット販売の場合も1620円+送料210円=1830円となっておりますので、読者にとってはほぼ同じ負担額になります。
書店販売の場合のみ、制作こぼれ話や次回作の予告が読める「アムアム新聞」(仮)をおまけとして挟み込みます。

◎卸値について

「ambooks文庫シリーズ」は、各書店様に7掛の買切で卸させていただきます。

配送料はこちらで負担いたしますが、1回の仕入れが計5冊からの注文でお願いしております。(タイトル、数量にばらつきがあっても構いません)

在庫を細かく管理できる人員がいないため、現時点では委託による販売は行っておりません。

◎取り扱い店舗について

このシリーズは「ちいさくつくり、ちいさく売る」ということをコンセプトとしています。そのため販売についても、取り扱い店舗を限定したいと考えております。
当面は47都道府県、1県につき1店舗のみで取り扱いいただくというルールで販売をいたします。販売の申し出は先着順でお受けします。

販売店様には仕入れていただいた在庫が売れた時点で、今後も継続して追加注文するか、次のお店に販売権のバトンを渡すかを選んでいただきます。
すでに販売店が決定している都道府県でも、あらかじめ申し込みをしていただくことで、ウェティングリストに追加されます。ウェティングリスト上位のお店から順番にバトンが渡されます。

◎納期について

オンデマンド印刷を活用し、在庫を多く抱えないように制作・運営しているため、注文を受けた時点で毎回30~50部ほどの少部数増刷を行います。

そのため、追加注文をいただいてから、最短4日~最長1週間ほどで納品となります。弊社に在庫がある場合は1~2日で発送いたします。配送方法はスマートレター、レターパック、ゆうメール、定形外郵便、宅急便など冊数によって変わります。

◎支払いについて

買切販売の取引をシンプルにするため、代金の振り込みが確認できてから発送いたします。振り込みはゆうちょ銀行口座か、郵便振替でお願いしております。(手数料は販売店さまでご負担いただきます。ご了承ください)

商品発送の際に納品書・領収書を同封いたします。

◎今後の配本について

ambooksでは第二弾配本を企画・制作中です。

ラインナップについてはまだ詳しくはお知らせできませんが「南インド映画の本」や「インドのある飲み物にまつわる本」「一風変わったインド滞在記」、そのほかに松岡宏大、武田尋善、矢萩多聞らの新作も考えています。次回配本は2017年秋頃の予定です。

以下のフォームより、販売店の申し込みと、本の注文を行えます。申し込みいただいた後、あらためてご案内いたします。

注文